2013年5月1日水曜日

WD My Book Live でバックアップ運用のその後

年末にWD My Book Live を買って、Time Machine でバックアップ運用をしてきた。

MacBook Pro Retina のバックアップは、WD MyBook Liveで決まり

しばらく使ってみて、気になるところもあるので、その後ということで書いておこうと思う。

My Bool Live の再起動が時々必要になる

これは、My Book Live 本体の問題ではなくて、Time Machine の問題だと思う。
というのは、Macbook Pro を使用中、たまにハングアップする。
そう、レインボーカーソルがグルグルまわるだけで、アプリの強制終了とかもできなくなる。
その場合は、電源ボタン長押してでシャットダウンして再起動する。

このタイミングで、Time Machine のバックアップが走っていて、それが強制終了されたとき、再起動の最初のバックアップで、エラーになることがあるのだ。

確か、「Time Capsuleは使用中で、うんたらかんたら…」みたいなメッセージだ。

その場合は、My Book Live の管理画面にログインして本体再起動する必要がある。
そうすると、Time Machine のバックアップも再開される。

Macがハングアップしなければ、良いのだが。


Time Capsuleのイメージを何度か作りなおした

上記の再起動と関係があるかもしれない。
たまにであるが、

「バックアップイメージが信頼できなくなっているので、新しく作りなおす必要がある」

というメッセージが出てくる。
これが出たら仕方ない、そのまま「Yes」でバックアップイメージを再作成である。

実は、今まで数回あった。ちょっと頻度高くないか。
会社で使っているMac+Time Capsule の組み合わせでは、こんなことが起こったことがない。

やっぱり、Macがハングアップして、バックアップのセッションが完了していないことが起因しているように思う。
なので、My Book Live 本体は関係がないと思っている。

Mac を再インストールしてみるか…
確かに、ハングアップは困るんだよなあ、ときどき。


0 件のコメント:

コメントを投稿

奥秩父主脈縦走(2泊3日)1日目

【1日目】 5月4日 雁坂峠登山口〜雁坂小屋 塩山駅から、8:30のバスで西沢渓谷に向かう。 バス停には長蛇の列、バスは2台来て乗車列の先頭から座ってもらえるように調整されていた。 幸いにも座れて、約1時間で西沢渓谷へ。膝の上に18kgのバックパックは重かった。 ...